オーバーコートの知識

オーバーコートの豆知識
オーバーコート・日本語では外套(がいとう)、
オーバーコートとは言わず単にコートということが多い。

オーバーコートは長さによって

     ロングコート・・・膝(ひざ)丈

     ハーフコート・・・腿(もも)丈

     ショートコート・・腰丈

          に大別されます。

ロングコートやハーフコートは全身のほとんどを覆ってしまうため、
デザインが重要視されます。
特に後姿はきれいに見せたいですね。
オーバーコートにはスタイルを気にしなくて済むという
メリット(?)もありますよ!
しかしオーバーコートの最大の使命は防寒・保温ですから
デザイン重視か防寒・保温重視か選択を求められます。

男性用オーバーコートは、デザイナー達によって、いかにダンディーに
見せるかも一つのポイントです。

オーバーコートの生地

オーバーコートの生地

オーバーコートの生地は、化繊から、ウール、カシミヤまで
いろいろな生地があります。

コートは生地量が多いため、どうしても重くなる傾向がありますが
  (季節や用途によって違います)
保温性を重視すれば、どうしても重くなるのは否めません。

男性用なら、重厚な感じがかえってダンディーな印象を与えますので
あながち軽いものがいいとはいえません。

オーバーコートも天然素材では
ヴィキューナ グァナコ カシミア キャメルが有名。

ヴィキューナは、アンデス山脈の6,000〜7,500mの高地に棲息している
らくだ類の動物だが、絶滅が危惧されている。
獣毛の中では最も細く、肌触りがよく大変希少。

オーバーコート生地素材のまとめ
保温性を重視なら、密な織りの生地。獣毛素材。
実用性を重視なら、混合生地、ジャケット生地などで。

----------------------------------------------------------------

オーバーコートの裾丈

オーバーコート、日本人は損してる? オーバーコートのシルエットを大事にして!

日本人のオーバーコートの裾丈は、一般に短かく
オーバーコートを着たシルエットが、よくないと言われる。

輸入物や、雑誌などを見て少し長めのものを選び、袖丈を
お直しするくらいが、スタイルよく見える。

オーバーコートはたくさんの生地を使うので、
必然的に重くなりがちです。
軽い素材を選びたいですが、デザインや保温性と選択に
なりそうですね。

出かける場所にもよりますが、欧米などでは、ラフな格好に
オーバーコートを羽織るスタイルが見かけられます。
暖房設備が充実した今は、こんな着方も一つのスタイルかも
知れない。

コート、ベルトの結び方、正面の画像編

スプリングコートやトレンチコートに限らず、
きちんとベルトを締めて着こなす以外は、ベルトの始末が大事になってきますね!
トレンチコートを使って結び方を画像にしてみました。
ご参考までに!

04010100.P1020005-1.jpg04010100.P1020006.JPG

04010100.P1020006-1.jpg

真正面中央で結ぶのは、なんともセンスに欠けます。
ちょっと左右どちらかに寄せて結ぶと良いですね。

実際に着ていないのでだらりとなっているところはあるのですが、
ハイウエストで結ばないと、
だらしのない着方になってしまいます。
コートのベルトを結ぶということは、
ある意味ウエストを強調して、
シルエットを美しく見せるということがあると思うので、
注意したいですね!

前で結んだものをいくつか
(正規にベルトを締めたものは省きます)

04010100.P1020007.JPG

04010100.P1020007-1.jpg
【1】

04010100.P1020008.JPG

04010100.P1020008-1.jpg
【2】

04010100.P1020009.JPG

04010100.P1020009-1.jpg


コートの結び方正面画像、その2
コートの結び方後ろ結び

いずれもコートベルトは真正面で結んでいません。
真正面でも良いといえばそれまでですが、
ちょっと間が抜けているような気がします。
せっかく崩した結び方ですから、
少し左サイドにずらすと、断然きれいです。

蝶々にしたり、単純にベルトに回しただけとか、
浴衣の帯で言うと片蝶結びのようなものとか、
残ったベルトをきちんと始末をしたりと、
いろいろ結べます。


コートの結び方、正面画像その2

「コートの結び方、正面画像その2」です。

04010100.P1020010.JPG

04010100.P1020010-1.jpg



04010100.P1020011.JPG

04010100.P1020011-1.jpg


コート結び方、詳細画像【1】【2】

【1】
わかりやすく、ベルトの最後は長くしてあります。
画像 1828.jpg

画像 1829.jpg

画像 1830.jpg

画像 1831.jpg



【2】
【1】と同じですが、
画像 1833.jpg

画像 1834.jpg

コートベルトの結び位地を中央にして、
束ねたところを開くとこんな風にも出来ます。
画像 1835.jpg

コートベルト結び方、後ろ結び

コートの前をオープンにして、
後ろで結びます。

後ろから回してきたベルトをポケットに入れる人も
いますが、せっかくのベルトなので
アクセントとして使いましょう。
04010100.P1020012.JPG

04010100.P1020013.JPG

04010100.P1020014-1.jpg

04010100.P1020015-1.jpg

04010100.P1020016-1.jpg

04010100.P1020017-1.jpg

コートベルトを、
ただ後ろでYに字に垂らすだけというのは、
簡単ですが、難しい。
あわせる服や、スタイルによっては、
とってもかっこ良くも見えるが、ともすると
だらしなくも見える。

前はオープンでも、締めれば、
ウエストのシルエットもある程度出せます。

そのままサイドのベルト通しから反転させると
当然生地は裏返しになります。
あらかじめ、裏返して通しておけば
反転して後ろへ持って来ても表地が出るようになりますね!

コートベルトは、コートを着て、誰かに結んでもらうか、
自分でするなら着る前に結んでおきましょう。
いろいろ試してください。

スプリングコートの着こなし、選び方

■スプリングコートの役目
春と言ってもまだまだ肌寒い日が続き、
活動的になる季節でありながらコートを手放すには
悩んでしまう頃です。
防寒もしたいし、活動的にも見せたい。
そんな問題を解決するのがスプリングコート。

活動的なイメージを大事に、丈は短めで、
足取りを軽やかに見せるのがスプリングコートの役目の一つ。

ヒールを合わせれば、エレガントに、
スニーカーを合わせてスポーティーに
パンプスでカジュアルに幅広く楽しめますね!


■スプリングコート、ビジネス・プライベート
ビジネスで着る時は、色・形に注意して選びましょう。
ビジネスタイプは、硬くなりがちですから
タイやスカーフで柔らかさを出すと良いでしょう。

ビジネス用、プライベート用と何着かあると便利です。
ビジネス用でも、スカーフなどの演出でカジュアルにも使えます。

■スプリングコートの素材・デザイン
アクティブな表現をするには、軽くてしなやか、
風になびくような素材を選ぶといいでしょう。

白や花柄など軽やかな印象のもの、光沢素材がいいですね。

最近は、素材も多種多様です。コットン混、ナイロン、革
合成皮革、合成繊維、サテン、ファーなども使われるようになりました。
単色だけではなく、プリント柄のものも随分あります。
ニットのものもありますが、重いイメージがありますので
パステル色やシースルーなどが春らしくて良いですね。

デザインも多種多様、丈も定番のほかに
ハーフからロングまで様々
袖丈も多様です。
いろいろな付属品が付いているものもありますが
シンプルな方が春らしくていいでしょう。

トレンチコートをスプリングコートとして使うのもいいですが
春先までとして、日中少し暖かくなれば
薄手のスプリングコートにしたいです。


■スプリングコートのベルトの結び方
スプリングコートのベルトも冬用のコートベルトと
基本的には同じ結び方です。
ベルトの結び方でシルエットが決まってきます。

春は一日の気温の変化が著しいですから、
気温によって結び方を変えるのが良いと思います。

少し暖かくなった日中に
正統派のきちんと結ぶスタイルはどうかと思いますし。

春ですから、やはりオープンスタイルがいいですよね。
夕方になって冷えてきたらきちんと結べば良いと思います。

足元によっても結び方は違ってきます。
スニーカーにはオープンが似合うでしょう。

オープンでも後ろで蝶々に結ぶと可愛らしさがでますね。
前でクロスや蝶に結ぶ時は、少しサイドにずらしたほうがいいですよ。

付属のベルト以外にも手持ちのベルトを使ったり、スカーフを2枚使ってベルトにすることも出来ます。


■スプリングコート、小物を使って
ベルトをきちんと結んで
コート本来のエレガントなシルエットを強調すると
ほとんどコートだけの外見になってしまいます。

あとは足元と首周り胸元だけです。
アクセサリーやスカーフでアクセントをつけたり、
ベルトのバックル上に何かつけたりすると変化が楽しめますね、
胸元にコサージュをつけるのも良いですよ。
オープンスタイルならインナーで様々に変化できます。
パンツやスカートなどでもトータルでアレンジしましょう。

スプリングコート、オーバーコート

スプリングコート、春風にそよぐアウターおしゃれアイテム

スプリングコートは、
女性には重々しい冬から春につなぐおしゃれアイテム。
春の芽吹きのように、活動的になるあなたを
可愛らしく強調してくれます。

素材もカシミヤからレザー、コットン、混毛、
ナイロンなどさまざまですが
スプリングコートは、着ると言うより
羽織る感じがいいかもしれません。
春風になびく、しなやかで軽いものを選びたいですね。

スプリングコートは、春の先取りです。
重々しかった冬のイメージから
アクティブなイメージを取り入れましょう。
白やパステルカラー、花柄、光沢のあるものもいいですね。
ニットのスプリングコートもいいですが、
春らしい色を選ばないと
重い感じになってしまいますよ。

トレンチコートスタイルやクラシカルなスプリングコートを
きちんと着こなすのもインテレクチャル-センスのアピールで、
すてきです。

あえて、ボタンやベルトを締めず、
インナーを上手く合わせることで
可愛らしさを出すのもいいですよ。

スプリングコートに限らずコートスタイルは、
足元が気にかかります。
エレガントにパンプシューズもいいですが、
ウォーキングやスニーカーを履いて春気分全開で、
さあ街に繰り出しましょう。

イブニング・コート

イブニング・コートは、メンズの礼装。
燕尾服と言われるものを指す場合が多いですが、
レディスのイブニング・ドレスの上に羽織るコートも指します。

パーティーやディナーなど、夕刻から夜に出かけるときに
羽織るコートです。

この時間帯は、大まかな場合が多く
午後から夜まで行われる場合、持って行くこともあります。

ハリウッドスターたちが、さまざまな授賞式に望む際
イブニング・コートを着ていることもあります。
見せることも仕事ですから、赤絨毯を歩くときは
コートは脱いでいるか、マネージャーなどが
持って行っているのでしょうね。

車から降りて、イブニング・コートを脱ぐと
見事なイブニング・ドレスが目を引く・・・素敵ですね!
イブニングコート1.JPG


黒系のものが多く、ラメが入っているものも。
きらびやかなものよりも、目立たない黒のような色がいいですね。
コートを脱いだ下のあでやかなドレスとのギャップが
注目を浴びます。

ピー・コート

ピーコート[pea coat]

peaはオランダ語の[pij]粗野な生地を意味する。
これが語源という説が一般的。
オランダでは、「ピーヤッケル」と呼ばれていた。
漁夫や水平が着用していたもので、風の向きに応じて
前身頃が左右どちらでも前にするように工夫されている。
保温性に優れ、丈は腰〜腰下くらいの七分丈、生地はウールの厚手。
細身につくられ、前身頃に縦に切り込んだポケット、
ダブルの前身頃、幅広のノッチド・カラー
濃いブルーが特徴だが、昨今カラフルなものも出ている。

アメリカでは、18世紀に改良型が海軍に採用。
英米では、ピー・ジャケットと呼ぶ。

ピー・コート2-1.jpg


襟をオープンにすると
ピー・コート2-2.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。