コート、ベルトの結び方

コート、ベルトの結び方

画像編は
コート、ベルトの結び方、正面画像

コート、ベルトの結び方、正面画像・その2

コート、ベルトの結び方、後ろ結び


オーバーコート、トレンチコートなどの
ベルトの結び方ですが、バリエーションを
楽しめるものと、そうでないものとあると思います。
やはり、トレンチコートやスプリングコートのほうが
いろいろ楽しめますよね!

soonスプリングコートの着こなし選び方にも結び方の記事がありますので、そちらもご覧ください。

コートベルトの結び方の画像篇をアップしました。
そのままスクロールするか(トップから来た方は)
右サイドから記事選択してください。
ココをクリックしてもOKですよ!


前できちんと結ぶ:正統派、「デキル」イメージを強調させますね。
         着るインナーやシューズによっては
         エレガントにも演出できます。
         オーバーコート本来のシルエットがきれいに出ます。

前でクロス・蝶々:結ばないでクロスするだけ。
         少し「くだけた」感じです。基本イメージを
         残しながら遊び心を表現。
         真正面でクロスさせないでサイドへ少しずらす。

         蝶々は可愛らしさをグッとアップしてくれます。
         これも少しずらした方がいいですよ。
         蝶の羽になるところが広くなってる物もいいです。
         オーダーなら作ってもらえますよね。

後ろで蝶々結び :サイドのループ(ベルトを通す輪)から後ろへ
         まわして結びます。
         着る前にあらかじめ綺麗に結んでおきましょう。
         きちんと前で結ぶ時のようなシルエットは
         望めませんが、ベルトの締め具合でウエスト
         ラインをある程度出せます。
         それでいて、前がオープンですから活動的。
         オーバーコートは後ろがどうしても単調ですから
         アクセントとしてはいいものです。ポニーテール、
         あるいは、王侯貴族のドレスをも髣髴とさせます。

後ろで結ぶ場合は、一度ベルトを抜いて、後ろを前とした通しかたに
変えておくのもいいでしょう。(途中で前に結び直さない限りは)         



スカーフを使う :重厚なオーバーコートにはちょっと使えないですが
         軽いスプリングコートなどにはいいですよ!
         色柄を考えて合わせないと、とんでもないことに
         なりますが、スカーフを変えればイメージも
         変わりますので、いろいろ楽しめます。
         スカーフの結び方などを参考にするといいです。 


オーバーコートは、体をすっぽり覆ってしまうので、ボディーラインを
隠せる利点があります、それだけシルエットを強調できるものでもあります。
また着こなしやベルトの結び方でシルエットも随分変わってきます。
コートベルトの結び目に目がいくと言うことは、他から目をそらせる
と言うこともあるので、上手に使いこなしてみてください。
ベルトをただ垂らしているだけも、それはそれで悪いとは言いませんが
ベルトを短くして、だらしなくならないようにしたいものです。


インナーとのバランス、シューズとのバランスを考えて!
他にも襟元にスカーフを巻いたりして演出してみてください。


-----------------------------------------------------------------  
       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。