スプリングコートの着こなし、選び方

■スプリングコートの役目
春と言ってもまだまだ肌寒い日が続き、
活動的になる季節でありながらコートを手放すには
悩んでしまう頃です。
防寒もしたいし、活動的にも見せたい。
そんな問題を解決するのがスプリングコート。

活動的なイメージを大事に、丈は短めで、
足取りを軽やかに見せるのがスプリングコートの役目の一つ。

ヒールを合わせれば、エレガントに、
スニーカーを合わせてスポーティーに
パンプスでカジュアルに幅広く楽しめますね!


■スプリングコート、ビジネス・プライベート
ビジネスで着る時は、色・形に注意して選びましょう。
ビジネスタイプは、硬くなりがちですから
タイやスカーフで柔らかさを出すと良いでしょう。

ビジネス用、プライベート用と何着かあると便利です。
ビジネス用でも、スカーフなどの演出でカジュアルにも使えます。

■スプリングコートの素材・デザイン
アクティブな表現をするには、軽くてしなやか、
風になびくような素材を選ぶといいでしょう。

白や花柄など軽やかな印象のもの、光沢素材がいいですね。

最近は、素材も多種多様です。コットン混、ナイロン、革
合成皮革、合成繊維、サテン、ファーなども使われるようになりました。
単色だけではなく、プリント柄のものも随分あります。
ニットのものもありますが、重いイメージがありますので
パステル色やシースルーなどが春らしくて良いですね。

デザインも多種多様、丈も定番のほかに
ハーフからロングまで様々
袖丈も多様です。
いろいろな付属品が付いているものもありますが
シンプルな方が春らしくていいでしょう。

トレンチコートをスプリングコートとして使うのもいいですが
春先までとして、日中少し暖かくなれば
薄手のスプリングコートにしたいです。


■スプリングコートのベルトの結び方
スプリングコートのベルトも冬用のコートベルトと
基本的には同じ結び方です。
ベルトの結び方でシルエットが決まってきます。

春は一日の気温の変化が著しいですから、
気温によって結び方を変えるのが良いと思います。

少し暖かくなった日中に
正統派のきちんと結ぶスタイルはどうかと思いますし。

春ですから、やはりオープンスタイルがいいですよね。
夕方になって冷えてきたらきちんと結べば良いと思います。

足元によっても結び方は違ってきます。
スニーカーにはオープンが似合うでしょう。

オープンでも後ろで蝶々に結ぶと可愛らしさがでますね。
前でクロスや蝶に結ぶ時は、少しサイドにずらしたほうがいいですよ。

付属のベルト以外にも手持ちのベルトを使ったり、スカーフを2枚使ってベルトにすることも出来ます。


■スプリングコート、小物を使って
ベルトをきちんと結んで
コート本来のエレガントなシルエットを強調すると
ほとんどコートだけの外見になってしまいます。

あとは足元と首周り胸元だけです。
アクセサリーやスカーフでアクセントをつけたり、
ベルトのバックル上に何かつけたりすると変化が楽しめますね、
胸元にコサージュをつけるのも良いですよ。
オープンスタイルならインナーで様々に変化できます。
パンツやスカートなどでもトータルでアレンジしましょう。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。